三パパ日記

暑い暑い
  [ 初体験 ]
2014-06-26(Thu) 14:09:00
私の内蔵の中
*画像は加工しています

今日、人生初の胃カメラを体験した。

ん?人生初ではないか・・・
麻酔下における内視鏡CTの経験は一度あるな・・・
でも意識がはっきりした中での胃カメラは今回が初だから、そういう細かいことはどうでもいいのだ!

とにかく、今まで健康診断の胃の検査は、バリュウムで済ませてきた私。
口の中に、それも喉の奥に、あんな長い管を入れるなんて!と胃カメラが怖くて受けられなかった私。
そんな私が胃カメラにチャレンジ!
その訳は・・・

一週間ほど前から、飲み物を飲むと、みぞおちの辺りがしくしく痛むような症状があった。
空腹時に冷たいものを飲むと、胃がキュッとなるという奴とは違う。
冷たくても暑くても、飲み物を飲むと鈍痛がするのだ。
食べ物を食べているときは症状は出ない。
食欲もある。
でも飲み物を飲むと痛む。

気になって病院へ行ってみた。
まぁ「食道炎だろう」と言う、かかりつけの先生の診断。
「はっきり調べるんなら胃カメラ飲んでみる?」とも言われたが、その時は笑ってお茶を濁していた。

で、薬を出して貰って療養していたのだが、一度気になると、あれこれと気になり出すのが気の小さい私の悲しい性。
それに、今の便利なネット世界は、無知な私にあれこれと悪魔のささやきを聞かせてくれる。
ネットで今回の症状を打ち込んで検索していたら、「食道癌」という恐ろしい言葉が目に飛び込んできた。
書いてあることを読むと中期の症状が今回の私の症状とまったく同じだ。
そうなると、ついついあれこれと要らないことを考えてしまう。
そんなに気になるなら実際目で見て診断したもらうしかない!
と言うことで、一念発起、勇気を振り絞って胃カメラ検査を受けてみよう!となったと言う訳です(笑)
それもその決意は今朝しました。
かかりつけの病院に電話すると、ちょうど今日は胃カメラの予約が開いているとのこと。
何てラッキー。
すぐに病院に向かった。

喉の麻酔をして、先生がカメラを入れる。
最近の胃カメラの管はかなり細くなってきているので「楽だよ!」とのことだが、管の直径が小さくなっているとは言え、喉を通るときの苦痛は耐え難いものがありました。
のど元過ぎれば多少は楽にはなったが、やはり苦しいものは苦しい。
そんな苦しい経験をして得られた検査の結果は・・・

どこも異常なし!

食道も胃も十二指腸もすべて問題なし。
炎症も潰瘍も、もちろん癌もない。
炎症もない、と言うことは処方して貰った薬が効いていたということ。

やれやれ、取り越し苦労か・・・。

でもまぁこれで気が楽になった。
で、次の検診の時はどうするか・・・?
うーーーん、やはりバリュウムの方が楽で良いかな(笑)
駄目ですか?

スポンサーサイト
日記TB : 0CM : 2
広島HOME夏野菜

copyright © 2017 三パパ日記. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi