三パパ日記

暑い暑い
  [ にやにや ]
2014-11-01(Sat) 20:10:37
まほろ駅前狂想曲
三浦しをんさんの原作はもちろん読んでいる。
テレビシリーズもしっかりと観ていました。
まほろ駅前多田便利軒シリーズ映画作品第2弾

大森立嗣監督作品
「まほろ駅前狂想曲」

相変わらず岡老人はバスの間引き運転を疑っている。
そしてこれまた岡老人の依頼を受けて朝から晩までバスの運行調査をしている多田(瑛太)と行天(松田龍平)の便利屋コンビ。
便利軒シリーズならではのおなじみのシーン。

そんないつもながらの多田便利軒に持ち込まれる仕事の依頼は、犬の散歩に庭掃除というごく普通のものから、裏社会にいる星(高良健吾)から持ち込まれるやっかいなものもある。
そんな中、今回一番やっかいな仕事が子供の世話。
子供嫌いの行天。
その上預かる子供は遺伝子状では行天の子供と来ている。
依頼を受けた多田は、行天に本当のことが言えないまま子供を預かる日が来てしまう。
その過程が面白い。
ついニヤニヤしている自分がいる。
どちらかと言えばほのぼのとした感が強い作品ではあるが、裏社会や人間の暗部などを織り交ぜながら話は進むところは相変わらずだ。
でも、このほのぼのがあるから暗い話も真っ暗には成らずに済んでいる。
そこにこの作品の面白さがあるのだろうな。

映画を観終わって嫁さんがつぶやいた。
「行天はお父さんと同じ所撃たれてたね。」
映画の中で、ある事件に巻き込まれた行天(松田龍平)が拳銃でお腹を撃たれてしまうシーンのがあるのだが、最初は何を言っているのかピンと来なかった。
でもすぐに思い立った。
行天のお父さんとは松田龍平のお父さんのこと。
つまり故松田優作さんのこと。
同じ所をとは、「太陽に吠えろ」で松田優作さん演じるジーパン刑事が殉職したあの有名なシーンのこと。
狙ったのか偶然なのか・・・・分かりませんけれど、そこに気がついた嫁さんは凄い(笑)

スポンサーサイト
映画観ましたTB : 0CM : 0
生ぬるいHOMEムカゴご飯

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://ryonan388.blog9.fc2.com/tb.php/3182-a1236fa5



copyright © 2017 三パパ日記. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi