三パパ日記

雨ばっかり
  [ 今年最後の ]
2014-12-21(Sun) 16:35:52
落ち葉
雑木林の中は一面の落ち葉。
冬ですね~

さて今年最後の雑木林クラブです。

開けている
落ち葉が地面にいっぱいと言うことは木々の葉っぱが無くなって、雑木林の中から空が見えると言うこと。
でも今日は生憎の曇り空。
暖かい日差しは望めそうもありません。
となると暖をとるためには火を熾さないと!

焚き火
竈に薪をくべて、さて火起こし。
本日の火起こし担当は、火起こし初心者のS高校放送部員の女子高生。
頑張れ~!

マッチを啜る
今や絶滅寸前の「マッチを擦る」という行為。
マッチを持つ手がちょっと変ですが、火が点けば良しとしましょう。

点くかな?
マッチに火は点いても、焚き付けに火を点けるのがこれまた難しい。
上手くなると一発で火が熾きるのですが・・・・
なかなか上手く火が熾きませんでした。

点いた!
マッチを大量に消費して、ようやく点火。
後はこの火を大きく育てるだけ。
どんどん薪をくべましょう。

調理
火が熾きたら、調理開始。
山仕事は他の人にお任せして、今日は調理当番。
M君ちのお姉ちゃんとS高校の放送部のお姉さんが手伝ってくれました。
M君ちのお姉ちゃん、5年生ともなるといろいろとあるみたい。
調理をしながら学校のこと、将来のことなど話してくれました。
さて、おじさんなりにアドバイスできたかな?

団子作り
今日のメニューは団子汁。
いつもなら、ゆるめに溶いた小麦粉を流し込むやり方なのですが、今日はその名の通り団子状にこねてみました。

出来た!
こねて、小さく丸めて、平たくのばす。
結構な数のお団子が出来ました。
このお団子の中に3個、たくわん入りの団子があることはお姉ちゃんと私との秘密です(笑)

皮剥き
私たちが団子を煮ている頃には、山仕事班は木を切り倒し、皮剥きに取りかかっていました。
倒したらすぐに皮を剥かないと、あとではなかなか出来ない作業ですから。

団子汁
団子にしたせいで、団子に火が通るのに時間がかかってしまいましたが何とか完成。
具だくさんで美味しかった。
余るかと思ったけれどあっと言う間に無くなった。

当たった!
たくあん入りの団子は誰のお口に入ったか?
一個は作ったお姉ちゃん本人のお口に入ったとさ(笑)
世の中上手くできています。

でも残りの二個の行方が分からないままなのが不思議だ・・・

さて今年もゆるゆると仕事してきた雑木林クラブ。
来年もまたゆるゆるといくことでしょう。
それで良いのだ!

スポンサーサイト
雑木林クラブTB : 0CM : 4
開き直りHOME暑い夜・・・

copyright © 2017 三パパ日記. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi