三パパ日記

雨ばっかり
  [ 変わらない良さ ]
2015-02-05(Thu) 14:46:05
深夜食堂
一月はバタバタしていてとても映画なんて観られる状態ではありませんでした。
まぁ観たい映画もなかったのも事実ですが・・・
しかしようやっと落ち着きを取り戻してきたのと、観たい映画が上映されだしたので行ってきました。

松岡錠司監督作品
「深夜食堂」

原作漫画はもちろんのこと、テレビシリーズも大ファン。
テレビシリーズは30分という短い時間の中で、原作のテイストを生かしつつ、コマとコマの間を埋めるように話を紡ぎ、作品の一つのテーマである「料理」をしっかりと見せることにより、それに関わる人間もまた浮き上がらせるという結果を生みだしています。
その一つ一つのこだわりが30分という短い時間の中に織り込まれることによって、観終わった後に余韻がしっかりと残る作品となっています。
そんな出来上がった感のあるテレビシリーズを映画化ともなると、どうしても一抹の不安がよぎるのはファンの心理です。
映画という世界がゆえになにか変なスケール感を持ち込むのではないか?
そして話を膨らませ過ぎてグダグダになるのではないか?・・・等々。
でもそんな心配は要らなかった。
3つのエピソードからなる今作品、一つ一つのエピソードの描き方はまったくテレビドラマのスタイルのまま。
そこに縦軸的なお話が各エピソードをつないでいく役割を担っている。
でもそれはあくまでも話をつなぐだけの役割、出しゃばっていない。

各エピソードに出てくる人達は何か特別なわけでもなく、どこにでも居るような人達ばかり。
ほんのちょっと問題を抱えているだけ。
問題を抱えて店にやってきた人達が注文する料理をマスターは黙って作りそして出す。
その料理が勝手に話を進めていく。
マスターは何もしない。
料理が全てを導いてくれる。
その料理がまたどれも美味しそうに見えるところがこの作品の魅力の一つ。

それにしても縦軸のお話、落ちにあの女優さんを使うなんて、なんて贅沢!
ごちそうさまでした!

スポンサーサイト
映画観ましたTB : 0CM : 0
足音HOME立春

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://ryonan388.blog9.fc2.com/tb.php/3279-b69d0c46



copyright © 2017 三パパ日記. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi