三パパ日記

暑い暑い
  [ おしいな ]
2015-02-10(Tue) 18:15:37
マエストロ!
番宣に釣られて観に行ってきました。

小林聖太郎監督作品
「マエストロ!」


不況で解散した名門オーケストラ。
そのオーケストラに復活の話が持ち上がり、集まってくる元楽団員達。
ただその多くは再就職が決まらなかった「負け組」
練習場所と指定されて集まった場所は廃工場跡。
そして現れた指揮者・天道徹三郎(西田敏行)は経歴も素性不明な破天荒な人物。
練習初日から戸惑う楽団員達。
コンサートまで一ヶ月しかないのに練習は進まない。
果たして復活コンサートは開催することが出来るのか?

こういうあらすじを番宣で知らされていて、音楽家の成長物語として期待をしていたのですがちょっと違いました。
よくよく考えりゃ「負け組」とはいえ、みんなプロの音楽家という設定。
「のだめカンタービ」レのような若き音楽家の卵達の物語とは世界が違って当たり前。
原作は未読なので何とも言えませんが、「負け組」と言われている楽団員ひとりひとりの掘り下げがない分、誰に視点を合わせて良いのやら。
だからか、感情移入できる人物がいなかったんですよね。
主人公のコンマス(松坂桃李)、アマチュアから抜擢されたフルート奏者(miwa)、そして指揮者の天道はそれなりに背景が描かれてはいるのですが、それが最終的にコンサートでの演奏シーンと結びつかない。
なにより何故天道はコンサートを開催したかったのかがと言う理由がいまいち理解できなかった。
なんか全て中途半端で終わったような感じです。
何処をどうとは言えませんが、なんかあともう少しで良い映画になっていたような気がするだけに残念です。






スポンサーサイト
映画観ましたTB : 0CM : 0
春待ちHOME極寒

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://ryonan388.blog9.fc2.com/tb.php/3284-5c93b623



copyright © 2017 三パパ日記. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi