三パパ日記

冬がやってきた。
  [ 旅の思い出 ]
2015-07-13(Mon) 18:16:38
路面電車
いや~今日は暑いですね~
我が町は猛暑日一歩手前でしたが、実質は猛暑日。
なんか身体の調子が狂っちゃいます。

さて、先延ばしにしていた旅の記録です。
午前中、父の里である宇和島で所用を済ませ、3時過ぎに松山に入りました。
ホテルに入り、旅装を解いて速攻でホテルを出る。
路面電車に乗って道後温泉へ!


道後温泉本館
まずは温泉、温泉!
道後温泉本館の湯に浸かるなんて何年ぶりだろうか?
ロケでは何度か来ていますが、お風呂に浸かるとなると子供の頃の記憶しかない。

浴衣

急いで来たおかげで夕方の混雑ピーク前に到着。
おかげで、ゆったりとじっくりと温泉を楽しめました。
ここんところの仕事の疲れや何やらをしっかりとお風呂で洗い流してさっぱり。

風呂上がり
風呂上がりには「ビール!」といきたいところですが、ここは後の食事まで我慢することにしてフルーツ牛乳で喉を潤す。
汗が引いた頃合いで、道後温泉を後にしました。

からくり時計
ちょうど、からくり時計が動くタイミングに遭遇。
おう!なんてこったもう5時じゃないか!
急いで電車に乗ってホテルへ。

きよちゃん家
そして、今日の食事をするお店へGo!
いろいろリサーチして決めていました。

タコのレアー刺し
店の人に勧められて頼んだ「タコ刺し」の美味しいこと!
このひと品でもう自分の選択が間違っていなかったことを確信した(自慢)

ほごの煮付け
愛媛と言えばやはり「ホゴの煮付け」は外せません。
今ある中で一番大きいやつを選んでくれたホゴ。
一人前を注文したのだが、何故か二匹列んできた。
サービスかな?何にせよ嬉しい。

嫁さんと二人で、黙々と・・・そうカニを食べているときのように何も喋らず、ただひたすらホゴをいただく。
食べ終わったときは骨しか残ってない。
とっても満足。
この他にもあれやこれやといただいて、値段はと言うと、とても安い。
良いお店だ。

大街道
店を出て時計を見るとまだ6時半。
大街道は土曜夜市で大賑わい。
人の多さで歩くのもままならないが、7時までは時間を潰さねばと夫婦二人でそぞろ歩く。

コースター
7時になったのを見て、もう一軒のお目当てのお店のドアを開ける。
バー露口
松山の老舗バー。
太田和彦さんの本を読んで一度は訪れてみたかったお店です。

昭和のハイボール
まずはハイボール。
小ぶりのグラスで出されるハイボールは、今流行のハイボールとは全く違うもの。
ソーダを感じるのが今のハイボールならば、このお店のハイボールはウィスキーを感じるもの。
実に美味い。
これが昭和のハイボール、だそうだ。

お店のマスターや奥様との会話が楽しい。
そして、隣り合わせたお客さんとの会話もまた楽しい。
お店に来ているお客さんがあっと言う間に旧知の仲のようになれるなんてなんて凄いお店だ。
話は尽きなかったのだが、常連さんが大勢来たので一見さんは頃合いとばかりに店を出る。
松山を訪れた際は、また是非訪れたいお店だ。
嫁さんもあまりの居心地の良さに感動していたな・・・。

お休みクワ!
さて、ホテルに帰ってさっとシャワーを浴びたら私はバタンキュー。
ぐっすりと眠りましたとさ・・・

ロープウェイ
翌日は、雨。
でもめげずに松山城へ

松山城
松山城もお城の中に入るのは初めて。
しかし、雨のせいもあるが蒸し暑いこと・・・。

廻廊式
廻廊式の天守閣というのは面白い構造ですね。

労研饅頭たけうち
松山城を後にして、再び大街道へ。
昨夜、大街道を歩いたときに見つけておいた労研饅頭たけうちさん。
お土産に買って帰ろうとやって来ました。

労研饅頭
どれもこれも美味しそうですが、他にもお土産は買ってあるので、ほんのちょっとだけ。
お土産も揃ったし、さぁ帰ろう。
あれこれ回って疲れるより、これくらいがほどほどで良い。
また来れば良いだけのことだもの。

と言ったような、旅の思い出でした。

スポンサーサイト
ちょい旅TB : 0CM : 2
一品HOME帰っては来ましたが・・・

COMMENT

  +
なかなかの旅でしたねえ・・・ひたすらうらやましうございます。
b y さっさん   | 2015.07.15(07:26) | URL | [EDIT] |
  + さっさんへ
すみません、楽しんできました。
b y 三パパ | 2015.07.15(19:43) | URL | [EDIT] |

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://ryonan388.blog9.fc2.com/tb.php/3438-2bf88e14



copyright © 2017 三パパ日記. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi