三パパ日記

暑い暑い
  [ 名もなき人たち ]
2016-12-16(Fri) 16:13:45
ROGUE ONE A STARWARS STORY
STARWARS EP4のオープニングロールにある「反乱軍スパイは帝国の究極兵器の秘密設計図を奪うことに成功する。」という一文を描いた作品。

ギャレス・エドワーズ監督作品
「ROGUE ONE」

観てきました。

「設計図を奪うことに多くの犠牲を払った。」
そんな言葉があったような気がしたがEP4を見返したらどうやら私の勘違いだったみたいだが、とにかくデススターの設計図を奪うために命を懸けた人を描いた作品。
そう、結末は分かっている。
最後には設計図を手に入れるのだ。
でも、そこには本流の作品には名前すら出てこない人たちが戦い、そして死んでいった。
それぞれの心の中にある大儀や思いのために・・・。
そんな人たちを描き切った正に「戦争映画」
本流とは違うからこそ描けた世界。
ただ、ところどころに出てくる本流の作品の登場人物たちよって、あぁそうだこの映画はSTARWARSの世界だったんだと思い出させてくれる。
SWの世界からすれば本流ではないのかもしれないが、この作品があってこそのSWとも言える素晴らしい作品でした。







スポンサーサイト
映画観ましたTB : 0CM : 0
寒さに負けたHOME春に向けて

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://ryonan388.blog9.fc2.com/tb.php/3981-f3bae716



copyright © 2017 三パパ日記. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi